メインイメージ

ローヤルゼリーの産地

ローヤルゼリーは日本の養蜂場でも採取されていますし、国産なら安心できる事から国産のローヤルゼリーは人気があります。
しかし、日本で販売されているローヤルゼリーのほとんどは国外品です。
産地によりローヤルゼリーのクオリティは異なりますから、購入する際には作られている国をよくチェックしておく必要があります。

ローヤルゼリーはミツバチがつくる物ですから、日本でも養蜂場で採取できます。
しかし四季があり寒さが厳しい日本では冬の間養蜂ができません。
このため日本に多く出回っているもののほとんどは海外からの輸入品です。
海外製品にあまりいいイメージを持たない方もいますが、ローヤルゼリーに関しては海外製の方がクオリティも高いと言われています。

日本に出回っているローヤルゼリーの多くはアジア製です。
アジアでは比較的温暖な気候の台湾やタイ産が多く、暖かい地域で暮らすミツバチはスタミナもあるため、上質なローヤルゼリーになると言われています。

他にはニュージーランドやオーストラリア産のローヤルゼリーが有名です。
オーストラリアにも四季はありますが、国が広いので年間を通してローヤルゼリーの採取が可能です。

ただしローヤルゼリーは鮮度も大切ですから、輸入するには時間がかからないほど良いとされています。
オーストラリアやニュージーランド産の質が高い事も魅力ですが、台湾やタイからの方が時間短縮できる分、輸入する事を考えると後者の方が多く選ばれます。
国の名前で安易に選びがちになりますが、生産コストや環境なども考慮しながら選ぶとよいでしょう。
また、あまりにも安価なものには注意しましょうローヤルゼリーの選び方はしっかり知っておくことが大切です。

トップに戻る