メインイメージ

ローヤルゼリーは自律神経失調症の改善に効果あり

ローヤルゼリーは健康食品として人気の高いものですが、その人気の秘密は幅広くかつ高い健康効果にあります。

ローヤルゼリーの数ある健康効果の中でも自律神経失調症についての高い改善効果はかなりの期待をすることができるものです。
自律神経失調症とは強いストレスや疲労が慢性的に続くことがきっかけでなることが多くその症状は様々な形で現れます。
自律神経は呼吸、消化、代謝、内分泌、生殖といった自分の意志ではコントロールできない生命維持の重要な部分を担っているものです。
自律神経の働きが正常なコントロールを失ってしまうと冷え性やほてり、動機や息切れ、めまいや耳鳴り、情緒不安定、不眠症や生理周期の乱れなどなど人によって症状が異なります。
原因も治療方法もはっきりと確定できないのが自律神経失調症のやっかいなところですが、ローヤルゼリーは乱れた自律神経の働きを調整して不快な症状を緩和または改善し、健康的な生活を取り戻す手助けをしてくれるものです。

その理由はローヤルゼリーに含まれているアミノ酸のひとつである「デセン酸」がホルモンバランスを整えるためと考えられています。
ホルモンバランスと自律神経は密接な関係性にあり、ホルモンバランスを整えると自律神経も正常化すると考えられています。
その証拠に、更年期障害の症状緩和や改善にも高い効果が認められていることにも無関係ではないでしょう。
またアセチルコリンという物質の不足が自律神経の伝達を阻害するため、アセチルコリンが含まれているローヤルゼリーは自律神経の調整に役立つものとされています。

トップに戻る