メインイメージ

生ローヤルゼリーのメリット・デメリット

生ローヤルゼリーはとても贅沢で希少価値があります。
高い効果を期待する人はあえて生のローヤルゼリーを選ぶと言われています。

生ローヤルゼリーというのは、ミツバチが作ってから72時間以内に採取したものを指します。
新鮮なためローヤルゼリー自体の質も高く、栄養価も高いのが特徴であるというのが一番のメリットです。
生のローヤルゼリーはほとんど人の手を加えていないので、採取してすぐに瓶詰めされます。
普段女王蜂が食べているのと変わらない上質なローヤルゼリーになります。

また生ローヤルゼリーのメリットとしては、ローヤルゼリーそのものが持つ栄養素が100%体内に入れることが出来る点があります。
特にミネラルやビタミンB、デサン酸などは女性にとって有効な成分です。

一般的なサプリメントやドリンクは、採取してから加工をします。
乾燥させエキス末にする工程で、どうしてもローヤルゼリー本来の良さが損なわれるのは否めません。

メリットが多い生ローヤルゼリーにもデメリットはあります。
鮮度が命ですし、自然のまま採取して瓶詰めするので、長期保存ができません。
時間が経つほど鮮度は落ちますが、鮮度が落ちても少しの間は口にできます。
しかし時間が経過するほど鮮度と同時に栄養価も低くなってしまいます。
サプリメントやドリンクに加工しているものと比べると、生ローヤルゼリーはかなり酸味が強いので、新鮮な物ほど強烈な酸味があって味はまずいです。
また、妊娠中のローヤルゼリー摂取についても気になりますよね。女性はしっかり知っておきましょう。

トップに戻る