メインイメージ

ローヤルゼリーとアンチエイジング

ローヤルゼリーには、老化を予防する効果がある事も確認されています。
これはタンパク質の一つであるアビシンという成分が大きく関係しています。
アビシンは体内の細胞を増加させ、代謝をよくさせるアンチエイジング効果があります。
そんなローヤルゼリーのアンチエイジングの関係をご紹介いたします。

アンチエイジングは良い意味で捉えると、年齢に逆らう事という理解をされている方も多いかと思われます。
また、認知症の原因は解明されていない部分が多いものの、アルツハイマー病からくるものと、脳血管症からくる血管性認知症があります。
そのため、ローヤルゼリーの老化防止効果が認知症を治すという事ではありませんが、認知症を予防する効果は期待できるといえるでしょう。

ローヤルゼリーには豊富な栄養が含まれていますが、含まれる成分の中にアセチルコリンという成分があります。
アセチルコリンは元々体内で分泌される成分ですが、年齢とともに量が減っていきます。
アセチルコリンには神経を興奮させる作用がありますが、これにより記憶力を高める事ができます。
つまりアセチルコリンは認知症予防の効果も期待できるのです。
ローヤルゼリーを摂取すれば、年齢ともに不足しがちなアセチルコリンも摂取できますから、毎日摂取するのがおすすめです。

ただローヤルゼリーを摂取するだけでなく、メリハリのある生活を送るなど生活面での改善も取り入れるのがベストです。
また、よく混同されがちなローヤルゼリーとはちみつの違いについてもしっかり知っておきましょう。

トップに戻る